『出来ることを、少しずつ。』

保護動物の為のチャリティーショップ
『出来ることを、少しずつ。』
(2017年3月24~26日三軒茶屋開催、4月ネットショップ開催)

新潟県中越大震災 動物救済本部活動の記録

 ◆ 無料冊子です ◆ 


平成16年10月23日に発生した、新潟県中越大震災の際の
動物救済活動の記録がまとめられた冊子です。


新潟県と県の獣医師会、県の動物愛護協会が共同で、
中越地震で被災したペットの救援活動の軌跡をまとめた冊子
「新潟県中越大震災動物救済本部活動の記録」(A4判で99ページ)を製作した。

内容は、中越地震で被災した推計で犬約2000匹、猫約3000匹にのぼると推計し、
被災地にペットフードを提供したり、全村避難した旧山古志村に
取り残された動物をヘリで救助したりといった活動を時系列でまとめるなど、
県の動物救済本部や各団体別の活動、更に動物病院での
診療の様子や避難所に入れないペットの一時預かり所までをも記録したもの。

製作された冊子はすべて、
災害救助活動は全国から集まった義援金で支えられたことより、
その報告と災害時の教訓として他の自治体にも役立ててもらうことを目的とし、
全国の都道府県と政令指定都市、新潟県内の各図書館や各保健所に贈答した。

県獣医師会の章では、
「ライフラインの断絶もあり院内での診療はあきらめざるを得なかった。
屋外で応急的な診療を行うと、うわさを聞いた患者(の来院)が増えていった」
「被災後1週間はけがの診療が多かったが、
2週目ごろから下痢や食欲不振などが目立ってきた」
などと被災直後の動物病院の様子を詳細に紹介している。

問い合わせ:新潟県生活衛生課025(280)5206

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記冊子の内容を、新潟在住の猫友さんが全ページPDF化して下さいました。
是非、ダウンロードしてお読みください。

『新潟県中越大震災 動物救済本部活動の記録』

※上記の太文字を「右クリック」して「対象をファイルに保存」でダウンロード出来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「新潟県中越大震災 動物救済本部活動の記録」のデータ配布につきましては、
新潟県庁生活衛生課動物愛護衛生係の原様に電話で確認済みです。
価格:0円
無料にてダウンロード出来ます。(PDFデータ)
| ホーム |

ショップバナー

支援先団体の活動情報

商品提供元

Copyright c 2005 『出来ることを、少しずつ。』. all rights reserved.